スポンサードリンク

こんにちは、いーすりです。

ドイツの開発者、u-heが、年末のギフトとして、リバーブプラグインを無償配布していたので、紹介します。

スポンサードリンク

Protverbの特徴

 

1

このリバーブプラグイン「Protverb」は、ルームシミュレート系のようです。

ツマミは3つで左から、「残響の長さ」「原音レベル」「エフェクト音レベル」です。

3つしかないのでとても使いやすいです。

ここまでだと、機能がわかりやすいフリープラグインのようですが、最大の特徴はツマミの下。

2

シリアルナンバーのような英数が表示されています。

その下のRNDというボタンを押すと、押すたびにランダムで英数字が生成されます。

実はこれ、リバーブの残響音を作る段階で必要な要素、ModelとDelayをの数値を乱数で発生させて、未知の残響を作り出せるんです。

そして、生成された英数字でその音の再現ができるというわけですね。

ちなみに、英数字のところをダブルクリックすると文字列の編集、コピーができます。

ダウンロードはu-heのサイトから!

下のほうにMacOSX用、Windows用のURLが用意されています。

それでは。

スポンサードリンク
カテゴリー: セール情報

E3P

DTMに関する情報などを発信していきます。 Twitterやってます。 https://twitter.com/xEthreePx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です