スポンサードリンク

こんにちは、いーすりです。

今日はフリー音源のご紹介。シンセサイザーです。

ちょっとUIが見づらい感じですが、慣れればこっちのもの。

音、機能自体はとても素晴らしいのです。

スポンサードリンク

T-Force Alpha Plus

名を「T-Force Alpha Plus」といいます。最初に言っておきます。Windows 32bit版しかありません。

32bitでも一応不具合なく動いてるので、おそらく平気でしょう。

ですが責任は取れませんので導入する方は自己責任で(笑

結構前にニコ生の生主さんから教えてもらったソフトなんですが、これがまたフリーとは思えない音が出せるんです。

参考までに、Get looseのワンフレーズをT-Force Alpha Plusでつくってみました。

ドラム以外はT-Force Alpha Plusです。

ダウンロードはこちらから。

1

少しだけ下にスクロールすると、Win 32 VSTというリンクがあるのでクリックしましょう。

FL STUDIOでのVSTの読み込み方がわからない方はこちらの記事を参考にしてください。

[FL STUDIO 12]サードパーティー製VST,VSTiの追加方法!

機能てんこもり!

それにしても、フリーにしてはとても機能が充実していますね。これ。

OSCILLATORS画面

2

大きく3画面に分かれています。オシレーター、モジュレーション、エフェクトですね。

オシレーター3基搭載。それに加え、ノイズオシレーターもついてます。

サチュレーターに簡易EQ、ポルタメントまでついてますね。

MODULATIONS画面

3

フィルターにLFO2基、各種エンベロープも完備していますね。

EFFECTS_PAGE1画面4

フリーでこの機能があるのはなかなかうれしいんじゃないでしょうか。

トランスゲートです。ステップシーケンサーのようになっているところで編集できます。

トランスゲートというのは、鍵盤を押し続けると、決めた位置でゲートされるので、「テテテーテテテーテテテー」のように鳴ります。使ってみればわかりますが、かなり便利ですよ。

EFFECTS_PAGE2画面5

リバーブとディレイ。だけじゃないんです。サイドチェインとビットクラッシャーまでついてます。

本当にフリーとは思えません。

ぜひダウンロードして活用しましょう!

(標準のプリセットってディレイとリバーブ強くかかりすぎてるんだよなぁ・・・)

スポンサードリンク
カテゴリー: フリー音源

E3P

DTMに関する情報などを発信していきます。 Twitterやってます。 https://twitter.com/xEthreePx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です