スポンサードリンク

こんにちは、いーすりです。

今回はDTMをする上での環境についてのお話。

DTM(Desk Top Music)とはパソコンで作曲することです。

VOCALOIDの普及とニコニコ動画での人気曲の増加により、DTMを始める人が急増したそうですね。

作曲と聞くと難しそうですが、実際のところはどうなのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

DTMを始めるか否か

 

a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_sDTMを始めたいと思っている方は、なんで始めたいのか考えてみましょう。

  • VOCALOIDの曲を作ってニコニコ動画で活動したい
  • 興味があるので、ちょっと触ってみたい
  • 趣味がほしいから

最初から劇伴やドラマ・アニメ主題歌、アイドルやシンガーへの楽曲提供を目標として始める人は少ないんじゃないでしょうかね?

この記事では、まったく知識のない人が始めるのを想定して書いていきますね。

作曲って、知識としては何が必要なのでしょうか?

僕は、音楽理論を一年勉強してからDTMを始めたので、まったく知識がないまま始めた人間ではありませんが・・・

音楽理論はとても役に立ちます!

音楽理論に関しては賛否両論あるんですが、個人的には最低限はあったほうが絶対にいいです。

むしろ、まったく知識のない人がDTMを始めようとすると、たぶんわからな過ぎて挫折します。

少なくとも僕は音楽理論に助けられました。

DTMを始めようと思っている方は、とりあえずYoutubeやGoogleで「音楽理論 基礎」みたいな感じで検索してみるといいと思います。

ちなみに僕は楽譜が読めません。最近は勉強していますけどね。

音楽理論の文献を探していると、音符の読み方なんかが出てきますが、あれより先にコード理論を見てみましょう。主要三和音とかそこらへん。

あとは度数も重要ですね。

ここら辺は音符とかより理解しやすいと思うのでお勧めです。というか必須です。

とりあえず何が言いたいのかというと、音楽理論の基礎は避けて通らないという人なら始めても挫折はしないと思います。

それを踏まえて。

DTMを始める際に絶対に必要なもの

DTMを始めたいなら、整えなければならない環境というものがあります。

パソコン

当たり前ですね。当然必須です。

パソコンの性能については、いいに越したことはないです。

DTMというのは思いのほかメモリ(RAM)やCPUを食うものなので、化石パソコンとかだとDTMは厳しいです。

家にある5年前に買ったパソコンとか、投げ売りされてる激安パソコンとかはやめたほうがいいです。

DTMはパソコンの知識も当然必要ですので、ここら辺がわからない人は結構たいへんですね・・・

DAW(Digital Audio Workstation)

作曲するソフトウェアです。基本的にダウと読みますね。

DAWというのは、録音や編集、MIDIシーケンサーやミキサーなどの機能があり、作曲のプロセスを一通りこなせるソフトウェアのことです。

フリーから○十万するものまであります。

セオリーというか、大体の人が使ってるであろうソフトはこちらです。

  • Pro tools
  • Cubase
  • Studio one
  • SONAR
  • Logic Pro
  • FL STUDIO
  • Live

上記はすべて有料です。

安くて20000円、高いものは5万円以上するでしょうか。

僕はフリーのDAWは使わなかったので,

  • REAPER
  • Domino

くらいしか知りません。

フリーがあるならフリーでいいじゃんと思われるかもしれません。

有料のDAWはフリーと何が違うか、ざっくりとかきますね。

音源の良さ

実は、DAWだけあっても作曲できません。(全部録音でする。オーディオ素材でするなら別です)音源というものが必要なのです。

音源とは、MIDIと呼ばれる音符情報を送ると、その情報に対応した音程、強さ、長さで音を鳴らしてくれるものです。

現在ではソフトウェア音源が主流です。

パソコンは楽器じゃないです。なのにピアノもドラムもシンセサイザーの音もならせるのは音源があるから。

DAW上で音源を立ち上げて、MIDIシーケンサーでMIDIを打ち込み、再生すると立ち上げた音源の音が出ます。

ピアノの音源なら、ピアノの音。ヴァイオリンの音源ならヴァイオリンの音が出ます。

音源だけ作っている会社もたくさんあります。

この音源というのは、とても多くの種類があり、有料DAWにはそのDAWの会社で作られた音源が最初から入ってるんです。

フリーのDAWは基本的に、Windows標準のGM音源と呼ばれるしょぼい音の音源しか扱いません。

なので、ニコニコにある人気曲のような曲が作りたければ有料DAWを買ってください。フリーでは基本無理だと思います。

フリーのDAWよりわかりやすい

フリーのDAWは本当に使い方が難しいです。シーケンサーの操作一つとっても操作方法がセオリーとは違うんですよね・・・

有料DAWならヘルプも豊富で、会社のサポートも受けられますしね。

機能が豊富

有料のDAWは機能が盛りだくさん。使いきれないほどに(笑)

打ち込みの手間を省くものだったり、ユーザーアクセシビリティのような機能は多いです。

たいしてフリーのものは、基本的には最低限の機能があるだけですね。

要するに、フリーのDAWは初心者には難しいのでやめたほうがいいです。

スピーカー、ヘッドフォン

これがないと音が聞けませんね。

モニタースピーカー、モニターヘッドフォンという、音に味付けが一切されていないもののほうがいいですが、とりあえずあれば音は聞けるので。

 

ということで・・・趣味がほしい程度の人はフリーDAWでもいいでしょう。

ですが、モチベーション維持とか、楽曲のクオリティとかがある程度必要なら絶対有料のものを選んだほうがいいです。

とりあえずPart1はこんなところで。

 

スポンサードリンク
カテゴリー: 未分類

E3P

DTMに関する情報などを発信していきます。 Twitterやってます。 https://twitter.com/xEthreePx

2件のコメント

GINnNo · 2015年12月27日 17:21

個人的にフリーだとLMMSが最強だと思ってます!
FLの影響受けてるので操作感がもろFLです!
サードパーティ製のプラグイン使えるのもいいですね

STUDIO ONEのフリー版はVST使えないのが辛いですね

    E3P · 2015年12月30日 05:52

    LMMS見てみました。これほんとにFLですねw
    昔は気持ち悪いキャラクターがロゴになっていたようですがw
    そうですね~Studio Oneフリー版は初心者にもわかりやすくていいんですが、ずっとはつかえませんね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です