スポンサードリンク

Music Revolution 通称「ミューレボ」と呼ばれる、巨大音楽コンテストをご存知でしょうか?

この音楽コンテストの主催はヤマハミュージックパブリッシング。

このヤマハミュージックパブリッシングが新たな音楽コンテスト「東京サウンドクリエイターオーディション」を開催するとのことです。

スポンサードリンク

歌唱力・演奏力は関係ない!

2ミューレボとは異なり、東京サウンドクリエイターオーディションでは、楽曲のクオリティで勝負するので、ボーカルの歌唱力、楽器の演奏力によって左右されることはありません。

テーマは「女性ボーカリストが歌うイメージ」です。

テーマ的に、楽曲に歌メロを必ず入れなければなくなりますが、ボーカリストがいない場合、シンセリード等で、ボーカルパートがわかるようになっていればいいとのこと。

参加資格は、生年月日が1992年1月1日以降で、23歳以下の方となっています。

また、音楽出版社・音楽制作会社との専属契約をしていないことも条件になります。

楽曲自体にも、制限というか規定があります。

もちろんボーカル入りで(シンセ等でもOK)、オリジナル楽曲。

特定の音楽出版社と契約していない楽曲に限ります。著作権管理団体(Jasrac等)の管理楽曲ではないことも条件です。

複数応募も可です。

応募方法

ネット応募と郵送応募があります。

ネット応募の場合、SoundCloud/YouTube/ニコニコ動画/bandcamp/ReverbNationなどの、ネット上で視聴可能な状態の音源を用意していればいいとのことです。

この場合、URLを送ることになりますね。エントリーフォームにて送りましょう。

郵送応募の場合、応募用紙に必要事項を記入の上、音源(CD-R,DVD-R)を同封して送りましょう。歌詞カードがある場合はそちらも同封します。

また、郵送応募の場合、応募資料は返却不可となりますので了承の上、応募しましょう。

あて先はこちら↓

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17-4F
㈱ヤマハミュージックパブリッシング 『東京サウンドクリエイターオーディション』宛

 

締め切りは2016年2月29日になります。

 

グランプリの人は、nishi-ken氏のアレンジを受けられ、5万円相当のyamaha製品がもらえるようですね。

スポンサードリンク
カテゴリー: 未分類

E3P

DTMに関する情報などを発信していきます。 Twitterやってます。 https://twitter.com/xEthreePx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です