スポンサードリンク

こんにちは、いーすりです。

僕はWindows、Mac両刀使いですが、作曲に関してはほぼデスクトップPCのWindowsでやっております。

Macbook proを所有していますが、メモリやグラボ、ストレージの関係であまりこちらでDAWを動かすことはないですね。

少し前までは、MacbookでCubaseをいじくり倒していましたが、今はほぼFLなのでお家のPCでしか作曲しません。でもまぁbootcampでwindows10入ってるので、一応そちらにFLをインストールしてはいます。

ですが今、FL STUDIOはMacOSX版の開発に着手しているのです。

これはインストールして使ってみないわけにはいきませんね。

MacOSXのビジュアルの美麗さと安定感。Retinaディスプレイの美しさ。これらがFLの美しいGUIを引き立てること請け合いというものです。

スポンサードリンク

ということで、インストールしました。

スクリーンショット 2015-12-10 0.31.01

 

※まだアルファ版のため、このアプリケーションの動作によってなんらかのファイルの破損やPCのクラッシュ等、予知できないエラーが発生する可能性があります。

※また、必ずこのバージョンのFLに関するフォーラムの記事を読んでおきましょう。

 

動作は・・・なかなか快適です。とてつもなく重くてもしかたがないな、と思っていたのですが予想外。

FL左上のツールバーがFinderのツールバーとは別になっているようです。統合されると個人的には嬉しいのですが、GUIの関係でそれはしないようなきがしますね。

それにしても・・・

スクリーンショット 2015-12-10 0.28.00

高解像度っていいね!!

ただManage Plugins が開けない。そして各種音源等のパスも通ってないっぽい。

FL ASIOも非搭載なのかな?

まだまだ作曲は厳しそうです。

まだプレビューですし、MacOSX上でこのGUIが観られるだけでありがたいですね。

プロダクトキー関連ですが、

スクリーンショット 2015-12-10 0.30.00

この場所にFLRegkey.regを配置するようです。

が、僕の場合、FLの画面左上に登録者の名前が表示されるはずがされませんでした。なんか数字の0みたいなのがふたつならんでるだけ。バグの一つかな?

 

ダウンロード

1

Image-Lineのホームページにてログインします。

アカウントのページでHOME>You Have 1 Commercial Offerのところからダウンロードできます。

 

スポンサードリンク
カテゴリー: FL STUDIO News

E3P

DTMに関する情報などを発信していきます。 Twitterやってます。 https://twitter.com/xEthreePx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です